審査に落ちてしまう理由とは?

金融機関から発行されているカードローンやクレジットカードなどお金を借入するサービスですが、利用したいと考えて申込みしたのですが、審査に通らなかった、という事もあると思います。

 

審査に落ちてしまった場合、その原因や理由はどのようなものがあるのか気になってしまうでしょう。これらのサービスに必要となってくるのは、お金を貸したら返してくれる、という信頼関係だと思います。審査ではこのような信頼関係がしっかりと行うことができるのかが問われてくるのです。

 

では審査に落ちてしまうその原因とはどのようなことがあるのでしょう。

 

今までの利用状況

 

クレジットカードやカードローンなどの利用状況は、利用している時だけのものではありません。利用状況はしっかりと残ってしまい、またその情報は各金融機関で共有されることとなってしまうのです。

 

過去の利用実績の中で毎月返済が遅れて延滞していたなどとなると、信用問題にとても大きく関わってきます。その情報は残ってしまい、新しいカードローンに申込みした時でも審査の対象になってしまうので使い方には注意が必要なのです。

 

複数のカードを持っている

 

カードローンやクレジットカードはあまり多くの会社に申込みして作っておくというのは、信用問題に大きく関わってきてしまいます。実際にはそれほど利用していないという場合でも、複数のカードを持っていると自転車操業のように返済のためにカードを沢山作っているのではないかといらない誤解を招いてしまうこともあります。

 

これはとてもマイナスのイメージとなってしまうので、使っていないカードが沢山ある場合であれば解約して整理するのがおすすめです。また複数のカードを利用しているという場合には、それらのカードの借入金額の大きさが審査に大きく関わってきて、通らない恐れが出てきてしまうのです。