無職でのカードローン審査の特例

近年、幅広い方がカードローンを利用できるようになっています。

 

主婦やアルバイトの方などのカードローン利用もその一例です。

 

ここで一つ疑問がわいてきます。

 

どのような方ならカードローンの審査に通るのでしょうか、また無職の方でもカードローンの審査は通るのでしょうか。

 

結論から言うとやはり無職の方がカードローンの審査を通るのは難しいでしょう。

 

カードローンの申し込みでは必ず収入や返済能力の有無を確認するため無職の場合収入がないわけですから返済能力なし、もしくは返済能力が著しく低いという判断にならざるを得ません。

 

そのため申し込み自体は出来たとしても審査を通るのは決して簡単ではなく至難の業ということになります。

 

ですが例外もあり無職であっても審査を通る場合もあります。

 

以下の二つの場合がその例です。

 

 

主婦の特例

 

専業主婦の方を無職という言葉に当てはめてしまうのはやや乱暴な気もしますし疑問も感じますが、収入を得ていないという意味では無職と同じです。自身の収入をもとにしてカードローンの審査を受けた場合、返済能力の有無はおそらく著しく低いと判断されるであろう主婦の方が審査を通るのは難しいでしょう。

 

ですが配偶者の収入や経済状状況などをもとに審査を受けることが出来る主婦のためのカードローンが近年登場しました。これだと外で働いて収入を得ていない主婦の方でも審査を通ることが可能となります。

 

今後の就職予定

 

やはり無職の方がカードローンの審査を通るのは難しいですが、現時点では無職であっても今後近いうちに職に就く予定のある場合は審査を通る可能性もあります。無職だからと言って必ずしも審査を通らないという訳ではありません。このことは覚えておくと良いかも知れません。