審査がゆるい金融機関を選ぶときはここに気をつけよう!

年間を通して毎月収入が安定している正社員の方は、十分な返済能力がありますから、だいたいどこの金融機関を利用してもカードローンの審査をパスできます。

 

ですが、フリーターやアルバイト、派遣社員の方々のように時給制の雇用形態の方がカードローンの審査をパスするのは容易ではないかもしれません。

 

そのため、これらの雇用形態の方の中には審査が比較的ゆるい金融機関を選ぼうと思われる方も多いと思います。

 

そこで審査がゆるい金融機関を選ぶ際に気をつけておくべき点についてご紹介しましょう。

 

借入限度額が低い

 

審査がゆるい金融機関というのはたしかにいくつかあります。主婦の方向けのものやアルバイトの方向けなど様々な方のニーズに合わせたものが出てきています。これらの比較的審査がゆるい金融機関に共通することは「借入限度額が少ない」ということです。

 

ですから、生活費がちょっと不足したので補いたい”というときに利用するカードローンとしてはいいかもしれませんが、大きな買い物をするときに利用したいとなると借入限度額が不足するということも考えられるのです。これは気を付けるべき点ですね。

 

金利が少々高め?

 

金融機関の中には審査がゆるいということで金利を少し高めに設定していることもあります。比較的短期間で完済するローンに特に多いように思われます。でも、金利は法律で上限が決められています。

 

それ以上になるということはありませんのでそんなに心配することはありません。でも、やはり金利は高いよりも低い方がいいに決まっていますよね。

 

インターネットですべて完結

 

近年はスマートフォンを所持している方が増えてきていますから金融機関もスマートフォンに対応するようになってきています。専用のアプリを利用していつでもどこでも簡単にスマートフォンから借り入れの申し込みが出来るようになりました。

 

また、借入残高も確認することができるようになりました。ですからインターネットに対応しているところを選ぶと使い勝手がかなり良くなると思います。