審査を受けられるからといって、何でも良いわけではない

同じ条件のカードローンの審査を受けるならば、正規雇用の正社員の人の方が非正規雇用のバイトの人より審査が有利となります。

 

とはいっても、実際の収入に関しては正社員を上回っているバイトの人もいることでしょう。最近は、雇用形態が多様化しており、バイトの人も多くなりました。カードローンもそういったニーズに合わせて、昔に比べて利用のしやすさが向上し、バイトの人向けの物も登場しています。

 

といっても何でも良いやと、闇雲に選んではいけません。ちゃんとより良いカードローンを選択できるよう、以下を必ず確認して下さい。

 

利用限度額と金利の確認

 

第一にまず利用限度額と金利の確認が大切です。通常のカードローンに対して、バイトの人も審査を受けられるカードローンは、その審査基準が緩和されています。しかし利用限度額が低かったり、返済が長期化してしまう場合等は高金利になってしまったりするカードローンもあります。

 

利用方法によっては、利便性が低くなったり、損をしてしまうので注意が必要です。例えば利用限度額が高くないと困る人にはこれらは不向きかもしれません。でも最低限で良い方はそれでも十分と言えましょう。予め利用方法も念頭に置いておくと良いでしょう。

 

WEB完結の可否の確認

 

現在では、申し込みや審査だけでなく、借入手続きまでもできるWEB完結型のカードローンが多々あります。そういった事がバイトの人向けのカードローンでも適用されているかをちゃんと確認しましょう。

 

これができるのとできないのでは大きく差がありますので、これも注意しましょう。WEB完結できる物ならば、携帯電話やスマートフォン等で残高の確認等ができたりして、様々な点において大いに利便性を体感できるでしょう。