フリーローンの選択ポイント

現在は多くの金融業者がフリーローンを扱っているため、どれが良いのか迷うほどです。その中から、最適なフリーローンを選択するにはポイントが3つあります。

 

1、借入金に対する貸出金利
2、利用方法の簡便さ
3、利用限度額の範囲

 

この3つのポイントにおいて自分の希望に即したフリーローンを選択することが有効な方法と言えます。

 

借入金に対する貸出金利

 

フリーローンの貸出金利は扱っている金融業者の業態によって大きな違いがあります。例えば、消費者金融では少額の借入金に対しては18%が一般的になっています。貸金業法が改正されたため、利息制限法における上限金利通りで貸し出されています。

 

しかし、銀行のフリーローンでは最高金利でも14%から14.5%になっています。仮に、50万円を借り入れた場合は、1年間で利息が2万円程度違ってくることになります。

 

利用方法の簡便さ

 

日々仕事に追われているサラリーマンや自営業者にとって、手間を掛けずにフリーローンを利用できるということは大きなポントになります。

 

現在では、消費者金融や銀行のフリーローンはすべてのコンビニATMが利用できるようになっているため、利便性の点ではほとんど変わりがありませんが、ATMの手数料は銀行が無料であるのに対して消費者金融は有料となっています。ただ、銀行のフリーローンにはインターネットを利用した振込キャッシングの機能がありません。従って、借入はATMを利用するしかありません。

 

一方、消費者金融はインターネットのサービスが豊富になっているため、家や勤務先からでも借入金を銀行口座に振り込んでもらうことができます。また、インターネットからの任意返済も可能であり、手数料も掛かりません。

 

利用限度額の範囲

 

消費者金融には総量規制が掛けられているため、貸出限度額に関わらず、年収の3分の1以上の借入はできません。銀行には総量規制は適用されませんが、現実的には年収の3分の1を超える借入は不可となるケースが多いため、利用できる金額は実質的には変わりません。