比べればやっぱりメリット大!の銀行フリーローン

フリーローンは、銀行以外にも、消費者金融でも用意があります。けれどもメリット面を比較してみると、銀行フリーローンに軍配があがります。申し込み条件をクリアしているのなら、まずは銀行フリーローンからチャレンジしてみるといいのではないでしょうか。

 

では、具体的に銀行フリーローンのメリットをみていきましょう。

 

「総量規制」の影響を受けない

 

総量規制とは、返済能力をこえて借り入れを行ってしまい、返済難に陥ることを予防するために設定されている規制です。内容は「総額で年収の3分の1までしか借りられない」というものですが、これが適用されるのは消費者金融での借り入れについて。銀行のフリーローンは総量規制の対象外です。
つまり銀行フリーローンでは、他の審査条件にもよりますが、場合によっては年収の3分の1をこえる融資限度額を獲得できることもある、ということになります。

 

消費者金融より金利が低めに設定されている

 

最近は消費者金融でも低金利化が進んでいるとはいわれますが、最低金利では同じような数字になっていても、最高金利は銀行と消費者金融でかなりの差があります。

 

例えば
大手有名消費者金融A:4.7%〜18.0%
銀行B:4.9%〜14.5%

 

と、最高金利は3%以上違いが出ています。はじめてフリーローンを利用する際には、融資限度額は低め、つまり金利は高めで提示されることが多いことを考えると、銀行のほうがお得に借りられる可能性高いといえるでしょう。

 

利用時の安心感が違う

 

消費者金融にコンタクトをとるのは、いくらネット申し込みとはいえちょっと怖いという方も多いと思います。電話でのやりとりや職場への在籍確認を考えても、銀行のほうが安心感は大きいのではないでしょうか。

 

融資も返済も簡単に行える

 

利便性では遅れをとっているともいわれていた銀行のフリーローンですが、今はATM利用やネットバンク利用もできるのが普通です。