どのような基準で決められる?フリーローンの金利

多くのフリーローンでは、4〜18%という設定の金利となっているようです。

 

この利息の幅は一体何を意味するかというと、ある人が年利18%で返済しなくてはならないところ、ある人は4%の年利で返済できるということです。では、この金利差というのはどのような基準で決定されるのでしょうか?

 

金利を決める際はスコアリングという数値化による決定方法が採用されており、その決定方法は銀行も消費者金融も同じです。

 

また以下のような内容を点数化することによってスコア計算し、その人の融資における信用度を客観的に弾き出します。

 

・年収
・他社からの借り入れの有無
・勤務形態
・過去の金融履歴
・持ち家など担保となるものの有無

 

このほかにもチェック項目はありますが、これらの総合点で金利が低くなるのか、それとも高くなるのか決定されます。

 

また、融資できるかできないかという事柄についてもこのスコアリングで判断されます。もしも年収が低めである上に他社でも借り入れしているなど、良いスコアにつながらない項目が多いようならば融資の申し込み自体が断られることもあります。要はスコアリングで返済能力を見ているわけですから、点数が低いと返済能力がないと見なされるのです。

 

その反面、資産家であったり大企業の重役であったり、過去の借り入れを延滞なく完済しているなど、高いスコアが出るような要素を多々備えていれば、当然金利も低く設定されます。

 

金利が低めの融資というのは返済能力が高い利用者へのサービスであり、長く贔屓にしてもらいたいという金融会社側のメッセージだと受け止めることができます。

 

たとえ年収が多かったとしても過去の延滞の記録が信用情報機関に登録されていたり、収入が不安定な個人事業主などの場合、やはり信用度が低くなり、融資が受けられたとしても上限に程近い金利が設定される可能性が高くなります。

 

そして、まだ一度もローンなどを利用したことがなく、信用情報機関に全く金融履歴が残されていない人というのも、どの程度信用できるかが全く未知数のため、金利が高めに設定されることを覚悟しておかなくてはならないでしょう。

 

クリーンな取引実績をある程度積み上げるまでは客観的に信用されない、これは致し方のないことなのです。