勘違いされがちばフリーローンとカードローンの違い

フリーローンとカードローンは名称が違うだけで同じ物と思っていたり違いが分からない方が多いです。

 

ここではフリーローンとカードローンの違いを紹介したいと思います。簡単に説明するとフローローンとは「使用用途が自由なローン」になります。カードローンはフリーローンの中の1部という事になります。この2つには違う意味を持ち金融業界では使い分けをしています。

 

違う点は

 

1、融資可能額以内であれば追加で借り入れを受ける事が出来る
2、金利の違い
3、審査の内容の違い

 

があります。

 

融資可能額が50万の「カードローン」の方がいて、50万借り入れを受けたとします。

 

その後30万を返済し借入残高が20万に減りました。

 

この時点で残りの20万の返済が終わっていない場合でも返済が終わった30万円分の融資を受ける事が出来るのがカードローンです。

 

しかしフリーローンでは50万借り入れをするといくら返済しても最初に借り入れをした50万の全額を返済し終わるまで融資額に余裕が出来ても新たに借り入れをする事は出来ません。全額返済が完了して、ようやくもう1度ローンを組めるようになります。返済中二さらにお金が必要になった場合は別途に金銭消費賃借を契約する必要があります。

 

この事から利用者にはフリーローンよりもカードローンを利用する方が多くいます。

 

金利の違いはカードローンの方が利用する側にとっては便利な事からフリーローンに比べ金利を少し高く設定しています。少しでも返済していれば返済した分はすぐにまた借り入れをする事が出来るので全額返済してもらえないかもしれないという金融業者側のリスクを考えたうえでの少し高めの金利となっています。

 

審査の違いはフリーローンに比べるとカードローンの審査が若干厳しく設定されています。

 

カードローンでは限度額に余裕があると自由に借り入れをする事が出来るので、返済能力や勤務期間などの情報から信頼出来る方かどうかwp身長に確認しているという理由になります。